のびのび子育て


洋野町には幼稚園1つ、保育園8つがあり、第3子以降は保育料無料です。待機児童はいません。また、子育て支援センターは3か所あり、小学校入学前の親子の遊びの場や、子育てに関する相談等も行っています。

 

また、小学校が8つ、中学校が4つあり、遠方の児童生徒はスクールバスを利用しています。

各学年、多くても2学級で、先生も生徒も学校全体で繋がっている感じがします。放課後児童クラブ・児童館もあり、保護者の方が働いていても安心できます。

洋野町内の全小中学校で海洋教育を行うなど、特色のある教育を行っています。

 

洋野町内の高校は、沿岸部と内陸部に一つずつ、県立高校があります。隣接する久慈市や青森県八戸市などの高校を受験することも可能ですので、選択肢は多いです。

 

各地域でお祭りなどがあり、地域の方と関わる機会も多いです。自然に恵まれた地域ならではの子育てができると思います。

 

 


移住者の声


堀米裕子さん

(洋野町出身 奥州市から移住)

 

移住のきっかけは?

祖母の介護をきっかけに地元にUターンをしました。

 

洋野町の良いところは?

地域の人と関わりながら子育てができるところです。子どもと散歩していると、ご近所さんが子どもの名前を呼んで声がけしてくれたり、優しく接してくれて、とてもありがたいです。

 

洋野町の好きな場所は?

平内駅です。車掌さんが子どもに手を振ってくれることも多く、楽しい時間です。

 

今していること、今後していきたいことは?

腸セラピストをしています。お腹を服の上からマッサージすることで、人のカラダとココロも整えるお手伝いをしています。今後は食事指導にも力を入れていきたいです。

 

移住者へアドバイス

自分のやりたいことを一つ一つ形にしていくのにぴったりの町だと思います。近くに八戸市もあって生活に困らず過ごせることもサイコーです。


大原智江さん

(洋野町出身 宮城県から移住)

 

移住のきっかけは?

夫が地域おこし協力隊になったことで家族そろって移住することになり、私にとってはUターンとなりました!

 

洋野町の良いところは?

ゆったりした気持ちになれるところです。

 

洋野町の好きな場所は?

海浜公園、カフェオッホー、平内駅、大野キャンパス、保育園などなどです。

 

今していること、今後していきたいことは?

南部もぐりをモチーフにしたキャラクター「モグっぺ」のグッズ制作・販売をしています。今後はこれに加えて、より子どもが楽しめるような、実用的なグッズなども増やしていけたらと思っています。

 

移住者へアドバイス

海側の種市と山側の大野で名産もガラッと変わるので、季節のイベントにいろいろ行ってみると楽しいですよ!




洋野町での生活のための情報はこちら


仕事

住まい

生活環境

支援や助成などの制度


移住者の声

引っ越し手続き

ブログの紹介